Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

紅茶で風邪予防!?驚くべき紅茶の効能とは?

紅茶 風邪 予防 紅茶

スポンサードリンク


寒くなり空気が乾燥してくると風邪やインフルエンザが蔓延し、「手洗い・うがい・マスク」はいつも以上に必須になってきます。風邪をひかずに元気に冬を乗り越えるためにも徹底したいものです。

よく昔から
風邪予防にはお茶でうがいをするといい
…と言います。

コーラスをやっていた友人は、
紅茶でうがいするのが一番よ!」
と、うがいも飲み物も紅茶でした。

実は、紅茶が風邪予防に効果的だったとは知りませんでした(汗)
今年の冬こそは、風邪を引かずに過ごしたいとの思いがあり調べてみることに。

そこで今回は、

  • 紅茶が風邪予防に効くのか?
  • 紅茶の驚くべき効能

についてお伝えしていきます。

冬を元気に乗り越えるためにも、是非参考にしてくださいね^^

紅茶は緑茶よりも風邪予防に効果的だった!

紅茶 うがい

幼い頃、
お茶(緑茶)でうがいをすると風邪予防になる
と言われた記憶ありませんか?

緑茶には風邪予防の効果があると言われています。

それは、緑茶に含まれるカテキンという成分によるもの。
カテキンの殺菌作用が、ウイルスの侵入を防いでくれるからです。

しかし…実は緑茶よりも紅茶の方が効果的なのです!

紅茶には、抗菌性の高いテアフラビンという成分が含まれています。

紅茶の茶葉って赤っぽいですよね。
この赤い色素が抗酸化性のポリフェノール「テアフラビン」です。

紅茶ポリフェノールとも言われるテアフラビンは、緑茶のカテキンより分子量が多く殺菌力が高いのが特徴。

緑茶よりも紅茶うがいこそ風邪予防に最適と言われるのは、テアフラビンの作用を活かせるからなのです。

紅茶ポリフェノールのテアフラビンとは?

紅茶ポリフェノール  テアフラビン

では、このテアフラビンは、どのようにしてできるのでしょうか?

緑茶と紅茶では加工する工程に違いがあります。
発酵」されているか、そうでないか。

緑茶の場合は、茶の葉を摘むとすぐに「蒸す・炒る」など加熱処理をします。
それは葉に含まれている酸化酵素の働きを止めることで、緑色を維持するためです。

一方紅茶の場合は、加熱処理は行われず発酵によるもの。

茶葉を摘むと生新鮮なときにすぐに揉みます。
揉むことで、葉の細胞を傷つけ細胞を破壊。

すると茶葉の表面のポリフェノールは、
酵素のはたらきで酸化発酵され、テアフラビンという色素を作り出します。

最近、このテアフラビン(紅茶ポリフェノール)には様々な健康効果があることが分かってきました。

その効果の一つが紅茶うがい

市販のうがい薬よりも殺菌効果が高く、風邪だけではなくインフルエンザ予防にも効果があると言われています。

もちろん、普通に飲んでも風邪予防の効果を得ることができますよ!

紅茶を飲むときに相乗効果を期待して

  • はちみつ…殺菌効果・咳止めの効果
  • レモン…ビタミンC補給・クエン酸効果で疲労回復
  • しょうが…強い殺菌効果・身体を温めて代謝を上げる

を加えるのもおすすめです!

しかし…
ミルクを入れてしまうと、テアフラビンの殺菌作用が弱くなってしまいます。

純粋に紅茶を楽しむためならいいですが、風邪予防で飲むならミルクティー以外にしたいですね。

紅茶は風邪に効く?!風邪予防だけでない驚きの効能とは?

 
紅茶 効能

 
紅茶にはいろいろな成分が含まれており、
風邪予防以外にも以下のような様々な健康効果があります。

  • 食事中、食後の血糖値上昇を抑える
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 肌の老化を抑える
  • 喉の痛みの軽減
  • 口臭予防

1つずつ紹介していきますね。

食事中、食後の血糖値上昇を抑える

紅茶ポリフェノールが糖の分解を促進する酵素を抑制するので、結果的に糖の吸収が抑えられます。

脂肪の吸収を抑える

紅茶は脂質代謝を促す酵素の働きを抑制するため、脂質の吸収が抑えられます。

また紅茶にはカフェインも含まれますが、カフェインには脂肪燃焼作用があります。

ダイエット目的で飲む場合は、砂糖やミルクを入れずにストレートで飲みましょう。

肌の老化を抑える

肌組織のコラーゲンは、糖と結びつくことで老化していきますが、紅茶ポリフェノールが糖化を抑えてくれます。

喉の痛みの軽減

風邪をひくと喉が痛くなるケースが多いと思いますが、殺菌効果のあるカテキンが喉の痛みを軽減してくれます。

口臭予防

カテキンやフラボノイドの抗菌・殺菌作用により、口臭の原因となる細菌を抑えてくれます。

その他にも、

  • 癌のリスクの抑制
  • 虫歯予防
  • リラックス効果

など様々な効果が期待できます。

まとめ

今回は、紅茶は風邪予防に効くのか?そして紅茶の効能についてお伝えしてきました。
いかがでしたでしょうか?

風邪やインフルエンザにかからないようにするためにも、紅茶うがいは実践アリですね。

普通に飲んでもおいしい紅茶なのですが、レモンや生姜、はちみつをプラスするとさらに風邪予防に効果的です。

紅茶には様々な健康効果が期待できるので、ぜひ紅茶を飲む習慣を心掛けてみてください。

今年の冬は紅茶を飲んでインフルエンザに負けない体を作りましょう!

スポンサードリンク


コメント